医師紹介

院長挨拶

とかち形成外科クリニック 野崎挨拶

2020年10月に帯広市柏林台にて、形成外科のクリニックを開院いたしました。

形成外科は身体に生じた変形や欠損などに対し、様々な手術や治療法を用いて、形態的・機能的に本来あるべき姿に修復し、また整容的によりきれいにすることによって、患者様の生活の質 “QOL (Quality of life)” の向上を目指す外科系の診療科です。

外傷や熱傷、その後にできた瘢痕の治療、皮膚腫瘍や皮膚癌の切除、眼瞼下垂症の手術、巻き爪の治療、褥瘡や足潰瘍などに対する予防や治療など幅広く行ってまいります。また、レーザー機器も導入し、生まれつきのあざ、しみの治療にも対応いたします。

地域の皆様が、生まれつきの変形やあざ、傷や傷あと、できものなどでお困りの際に、気軽に受診することができ、専門的で高度な技術を提供できる形成外科のクリニックを目指し、1人でも多くの患者様のQOLの向上に貢献してまいりたいと思っております。

院長 野崎 愛

略歴

  • 2006年 
    北海道大学医学部 卒業
  • 2006年 
    NTT東日本札幌病院 初期臨床研修医
  • 2007年 
    北海道大学病院 初期臨床研修医
  • 2008年 
    北見赤十字病院 形成外科
  • 2008年 
    市立札幌病院 形成外科 後期研修医
  • 2009年 
    北海道がんセンター 形成外科 
    レジデント
  • 2010年 
    函館中央病院 形成外科
  • 2011年 
    市立札幌病院 形成外科
  • 2013年 
    北海道大学病院 形成外科
  • 2014年 
    斗南病院 形成外科
  • 2015年 
    帯広厚生病院 形成外科 医長 
    の勤務を経て
  • 2020年10月 
    とかち形成外科クリニックを開院

専門医

  • 形成外科 専門医