診療内容

形成外科

形成外科は身体に生じた変形や欠損、整容面での不満などに対し、様々な手法や特殊な技術を駆使して、機能だけでなく形態的にも正常な状態となるように修復し、またよりきれいにすることによって、患者様の生活の質“QOL(Quality of life)”の向上を目指す外科系の診療科です。もう少し簡単に言いますと、頭のてっぺんから足の先までの全身の体表面の変形やきず、できもの、気になる見た目のものを、保存的治療や手術などできれいに治す科です。この「きれいに治す」ためには、特別な縫合方法や手術方法、外用薬の使用法などが必要となり、私たち形成外科医はこれらの専門的で高度な技術を習得しています。

扱う疾患は下記にあげたように多岐にわたっており、生まれつきの体の表面の変形やあざ、外傷や熱傷、皮膚潰瘍、その後にできた瘢痕などを手術やレーザー、外用薬などできれいに治します。また皮膚腫瘍や皮膚癌の切除、眼瞼下垂症の手術、巻き爪の治療なども形成外科の専門領域です。

当院では、形成外科疾患全般の診療を行い、外来通院にて可能な治療、手術も幅広く行ってまいります。保険診療が中心となりますが、しみや美白、美肌の治療など一部保険外診療(自由診療)も行います。 詳しい検査や入院・全身麻酔での治療が必要な場合には他院をご紹介させていただくこともございますが、形成外科疾患でお困りの際には、まずは受診していただきご相談ください。